2020 TAIKO - Rhythm in Motion 始動!

2020年4月7日に出された、コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言で、前例のない状況が続いています。そのような中でも、連絡を取り合って、繋がって何か楽しめることを。S.Zipは他の一般団体やプレーヤーと協力して、4月から毎週日曜日に様々に工夫してきました。

LINE通話でスタートしたリモートワークショップ・レッスンは、Zoomでのオンラインに。自宅での取り組みでは、必ずしも楽器を使えるわけではありませんので、buzzingのトレーニングや歌で音程を捉えるトレーニング、ソルフェージュなど、様々に行ってきました。今では、多くの高校生や大学吹奏楽団、一般団体プレーヤー、大勢が集まって毎週盛り上がっています!

その中で、パーカッションのプロジェクトが生まれ、TAIKO - RMにリンク。演奏技術を上げるだけではなく、遊びながら創作も始まりました。

突然始まったコラボレーション〜


グループトークでこんなやり取りがありました。



スコアを元に、リモートアンサンブル、映像コラボ制作を楽しんでいきます!

An unprecedented situation continues with the declaration of emergency regarding COVID-19 issued on April 7, 2020. Even in such a situation, stay in touch, connect and enjoy something. S.Zip has been collaborating with other independent groups and players to make various efforts every Sunday from April.

Remote workshop lessons started with LINE calls are now online at Zoom. Since we can't always use musical instruments at home, we've been trying a lot of things, such as buzzing training, training to catch pitches with songs, as well. So far many high school students, university brass band, independent group players, and a lot of people gather, and it's exciting every week!

In the process, a percussion project was born and linked to TAIKO-RM. The project started not only for the purpose of improving playing skills, but also for fun while creating.